少しの休息、少しの学びがあなたの人生を輝かせる!再雇用への確実なプロセス



障がいや病気によって、なかなか就職が難しいと感じることはありませんか?
例えそんな状況だとしても、自信を無くしてしまう必要はありません。
働きたいという思いがあるけれど、なかなかその一歩を踏み出す勇気がないのなら、就労移行支援を利用してみませんか?
今回は、就労移行支援とは、一体どんな支援サービスなのかご紹介します。



就労移行支援とは?

就労移行支援とは、障害者総合支援法に基づいて運営されている福祉サービスで、企業へ就職したいけれど、障がいや難病が原因で、就職活動が上手くいかない方や就労が難しい方を支援する就労支援事業のことです。



就労移行支援サービスの利用条件について

就労移行支援では、就労に必要な能力や知識、技術力を向上させるためのプログラムを受講します。
もちろん、誰でも受けられるわけではなく、身体・知的・精神障害や難病により単独就職が困難で、就労者自身が働くことを自ら望んでいなければいけません。
また、就労が可能と見込まれる方も就労移行支援サービスの対象者です。
他にも、利用者の年齢が原則として18歳~65歳未満の方に限られますので、上記の条件をすべて満たすことで、就労移行支援が受けられます。



障害者手帳がなくても、利用できるの?

できます。
自治体の判断により、障害福祉サービス受給者証が発行されれば、たとえ障害者手帳をお持ちでなくても、就労移行支援を受けることができます。
しかし、注意していただきたいのは、現在お住まいの市区町村によって条件が異なる場合があります。
そのため、「就労移行支援サービスを受けてみたい!」と思われたのなら、現在お住まいの市区町村の障害福祉担当窓口に電話で確認してみましょう。



就労移行支援サービスに利用期限はあるの?

職業訓練プログラムは、就労するために提供されている以上、原則としていつまでも利用できるわけではありません。
就労移行支援サービスの利用期限は、原則2年です。
万が一、就労移行支援を受けても就職先が決まらない場合は、自治体の判断により延長ができることがあります。



リエンゲージメントとは 利用をご検討の方へ プログラム内容 就職までのプロセス 会社概要


一般社団法人リエンゲージメント/リワーク、就労移行支援
Copyright (C) Reengagement All Rights Reserved.

HOME お問い合わせ ニュース 企業人事のご担当者様へ 採用情報 プライバシーポリシー