ブログ

OB・OG会を開催しました

2019.06.04 09:20

皆さん、こんにちは。
先月、5月25日(土)に第19回OB・OG会がありました。
OB・OG会とは、リエンゲージメントを卒業された方を招いて、就職するまでの流れやリエンゲージメントで学んでよかったこと等、通所中に抱えていた悩みや気持ちをお話してもらったり、近況や就労後の苦労、その対処法という卒業後のお話を聞くことができるリエンゲージメントの恒例行事です。

初夏の陽気、というよりは真夏のような暑さでしたが、多くの卒業生が参加してくださり、現・利用者さんに向けて様々なお話を聞かせてくださいました。
多くの卒業生の方が自身の生活リズムを記録し、可視化させて振り返る『自己管理プログラム』の重要性についてお話されていました。
また、他者とのコミュニケーション面で難しさを感じることもあるが体調に余裕があると次にどうしたらよいか考える事ができる、就労後改めて報連相の大切さに気付かされた等、という貴重なお話も聞くことができました。
レクリエーションをした後に歓談の時間も設けられているので、スピーチを受けた現・利用者さんが積極的に卒業生の方に質問をしに行く場面も多くみられました。

その中でこのようなお話がありました。
最初は、焦りの症状から1か月や3か月の短期間で就職してやろうと意気込んでいた、『自分ならできるはず』と根拠もなく思い込んでいた、というものです。
自宅療養を経て少し体力や気力が戻ってきた頃、考えを巡らせる余裕が出てきたことによって焦る気持ちが出てくることは誰にでも起こりうることです。
居ても立っても居られず、『やらなきゃ』という気持ちに突き動かされて、就労移行支援事業所に通い始めた、という方も多くいらっしゃいます。

その方は、実際に通い始めたことで自身の生活リズム上の課題や体力の低下を再確認し、『短期間で就職することは無理だ』と悟ったとおっしゃっていました。
最初はできない自分に絶望し、自分を責めることもあったけれど、根拠もなく『自分なら出来る』と思っていた頃よりも、自分の現状を知った後の方が、焦る気持ちや不安が穏やかになり、1日先、1か月先、半年先が見通せるような気がしたそうです。
お話を聞いていた現・利用者さんも、自分も3か月で就職したいと思っていたけれど通所を通じて自分の課題をスモールステップで取り組んでいくことの大切さに気付くことができた、3か月で辞めなくてよかった、とおっしゃっていました。

リエンゲージメントでは生活リズムを整えた後に、再発防止のために心理プログラムを受けてスキルを身につけていただくために1年~1年半のお時間をみていただいています。
卒業生の方や現・利用者さんの中にもこれから1年以上という期間をリハビリに費やすということに迷いや葛藤を抱いた方も大勢いらっしゃいます。
しかし、多くの方が自分を見つめなおす時間を確保できてよかった、通ってよかったと感じていらっしゃるようでした。
もし、これからどうしていけばいいかを悩まれている方がいらっしゃいましたら一度相談にいらしてみてください。
お話をお伺いしながら、より良い方法を一緒に探していけたらと思います^ ^


※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。

お問合せ先
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一般社団法人リエンゲージメント(就労移行支援事業)
◇リエンゲージメント新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル4階
TEL : 03-5315-4940
◇リエンゲージメント横浜
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1 第2米林ビル8階
TEL : 045-594-8799
Mail: info@reengagement.org
http://reengagement.org/
~うつ病(精神疾患)克服! 復職・再就職支援 無料で提供~
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この記事のトラックバックURL

http://www.reengagement.org/blog/22418/trackback/



« :前の記事 次の記事: »
リエンゲージメントとは 利用をご検討の方へ プログラム内容 就職までのプロセス 会社概要


一般社団法人リエンゲージメント/リワーク、就労移行支援
Copyright (C) Reengagement All Rights Reserved.

HOME お問い合わせ ニュース 企業人事のご担当者様へ 採用情報 プライバシーポリシー