以前よりも、自分を好きになれる。人生を楽しく生きること、決意ができた。

リエンゲージメント 最就職プログラム

最就職トータルパッケージ

横浜 事業所内の様子

カウンセリングルーム

面談室
レクチャールーム

レクチャールーム
休憩スペース

休憩スペース



リエンゲージメント横浜 アクセス

住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1 第2米林ビル8階
電話:045-594-8799

アクセスマップ 横浜

横浜駅西口より徒歩8分(地下街出口より徒歩2分)


ご見学・相談 WEB申込

mousikomi02-003



リエンゲージメント横浜

このようなことでお困りの方は ご相談ください

・うつ病など精神障害(精神疾患)※を発症したことで、離職を余儀なくされた方
・うつ病を再発し、就職しても定着することが難しくなってしまっている方
・うつ病など精神障害(精神疾患)※を発症し、離職されており、
 これを機会に自分を磨きたいと思われている方
※その他の精神障害(精神疾患)双極性障害、不安障害、パニック障害、大人の 発達障害の方もご相談ください。


うつ病などに対する最新の精神医学と心理臨床的 視点

抑うつ状態はうつ病でなくとも発症します。
心だけでなく、身体を見る。
精神医学の最新の考え方としては土台となる身体をしっかりとみることを重視しています。
◆こちらを参照(1)「うつ病など精神疾患の見方」◆
◆こちらを参照(2)「栄養療法の観点」◆


うつ病などに対する最新の精神医学と心理臨床的 アプローチ

うつ病など精神障害(精神疾患)の回復・改善には、適切なアプローチ方法があります。
心へのアプローチだけでなく、社会へ復帰していくために必要な力を適切な手順で習得していただきます。
◆こちらを参照「不安を改善へ」◆


サービスご利用の流れ図【クリックで拡大】

サービスご利用の流れ
まずお問い合わせください。 利用者さまの状況により、参加方法や料金が変わります。


行政手続き(受給者証 申請)

●ご自身の住民票のある、市区町村福祉の相談窓口(下記参照)にお問い合わせください

「○○病or障害(精神疾患or精神障害)を患っており、仕事をしておらず、再就職(復職)を目指すに当たって、横浜市に所在する、就労移行支援事業 リエンゲージメント横浜を利用したいので、“受給者証”の取得手続きをしたい」と、お伝えください。

●福祉の窓口で必要な資料をご確認ください(受給者証申請に必要とされる主な資料 例)

1.精神疾患を患っていることがわかる証明書、下記のいずれか
「精神障害者保健福祉手帳」「自立支援医療受給者証(精神通院医療)」「病名の分かる診断書」
2.世帯年収の分かるもの(本人と配偶者の課税証明など、世帯構成や収入等がわかるもの)
3.健康保険証
4.印鑑


相談窓口

神奈川県(リエンゲージメント横浜に通いやすい地域)

横浜市 区役所
青葉区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒225-0024 神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町31-4
 TEL:045-978-2453

旭区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒241-0022 神奈川県横浜市旭区鶴ケ峰1-4-12
 TEL:045-954-6128

泉区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町4636-2
 TEL:045-800-2485

磯子区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒235-0016 神奈川県横浜市磯子区磯子3-5-1
 TEL:045-750-2416

神奈川区区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒221-0824 神奈川県横浜市神奈川区広台太田町3-8
 TEL:045-411-7114

金沢区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒236-0021 神奈川県横浜市金沢区泥亀2-9-1
 TEL:045-788-7849

港南区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒233-0004 神奈川県横浜市港南区港南中央通10-1
 TEL:045-847-8459

港北区区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒222-0032 神奈川県横浜市港北区大豆戸町26-1
 TEL:045-540-2237

栄区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒247-0005 神奈川県横浜市栄区桂町303-19
 TEL:045-894-8068

瀬谷区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒246-0021 神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町190
 TEL:045-367-5715

都筑区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央32-1
 TEL:045-948-2316

鶴見区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央3-20-1
 TEL:045-510-1847

戸塚区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-17
 TEL:045-866-8463

中区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通35
 TEL:045-224-8165

西区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒220-0051 神奈川県横浜市西区中央1-5-10
 TEL:045-320-8417

保土ヶ谷区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒240-0001 神奈川県横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
 TEL:045-334-6383

南区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒232-0018 神奈川県横浜市南区花之木町3-48-1
 TEL:045-743-8225

緑区役所 福祉保健センター 障害支援課 
 〒226-0013 神奈川県横浜市緑区寺山町118
 TEL:045-930-2433

横浜市 就労支援センター
横浜上大岡就労支援センター 
 〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西2-2-13 MK第一ビル601
 TEL:045-844-4402

横浜西部就労支援センター 
 〒241-0835 神奈川県横浜市旭区柏町36-15 柏ハーモニビル202
 TEL:045-390-3119

横浜中部就労支援センター 
 〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1-38-3 横浜エムエスビル4階
 TEL:045-350-2044

横浜東部就労支援センター 
 〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-1-3 アートビル4階
 TEL:045-312-5123

横浜戸塚就労支援センター 
 〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4111 吉原ビル2階
 TEL:045-869-2323

横浜市南部就労支援センター 
 〒235-0032 神奈川県横浜市磯子区新杉田町8-8 ハマシップモール4階
 TEL:045-775-1566

横浜日吉就労支援センター 
 〒223-0051 神奈川県横浜市港北区箕輪町2-2-2 ケイケイビル2階
 TEL:045-560-1801

横浜北部就労支援センター 
 〒226-0011 神奈川県横浜市緑区中山町306-1 ミヨシズ・シードビル405
 TEL:045-937-3384

川崎市 区役所 ※横浜周辺地域
川崎区役所 保健福祉センター 障害課 
 〒210-8570 神奈川県川崎市川崎区東田町8
 TEL:044-201-3080

高津区役所 保健福祉センター 障害課 
 〒213-8570 神奈川県川崎市高津区下作延2-8-1
 TEL:044-861-3255

中原区役所 保健福祉センター 障害課 
 〒211-8570 神奈川県川崎市中原区小杉町3-245
 TEL:044-744-3217

宮前区役所 保健福祉センター 障害課 
 〒216-8570 神奈川県川崎市宮前区宮前平2-20-5
 TEL:044-856-3242

川崎市 就労援助・相談センター ※横浜周辺地域
川崎市障害者就労相談センター 川崎地域相談コーナー 
 〒213-0001 神奈川県川崎市高津区溝口1-6-12
 TEL:044-833-3141

川崎中部就労援助センター 
 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-264-3 富士通ユニオンビル3階
 TEL:044-739-1294

川崎南部就労援助センター 
 〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子1-7-5 タカシゲビル6階
 TEL:044-201-8663

横須賀市役所・就労援助センター
横須賀市役所 福祉部 障害福祉課 
 〒238-8550 神奈川県横須賀市小川町11(分館1階)
 TEL:046-822-8249

よこすか就労援助センター 
 〒238-0041 神奈川県横須賀市本町2-1 市立総合福祉会館4階
 TEL:046-820-1933

鎌倉市役所
鎌倉市役所 健康福祉部 障害者福祉課 
 〒248-8686 神奈川県鎌倉市御成町18-10
 TEL:0467-61-3975

逗子市役所
逗子市役所 福祉部 障がい福祉課 
 〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
 TEL:046-873-1111

藤沢市役所・就労援助センター
藤沢市役所 福祉部 障がい福祉課 
 〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1-1
 TEL:0466-25-1111

湘南地域就労援助センター 
 〒251-0041 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-39 タカギビル4階
 TEL:0466-30-1077

茅ヶ崎市役所
茅ヶ崎市役所 保健福祉部 障害福祉課 
 〒253-8686 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎1-1-1(市役所分庁舎2階)
 TEL:0467-82-1111

平塚市役所
平塚市役所 障がい福祉課 
 〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9-1(本館1階)
 TEL:0463-21-8774

相模原市区役所・就労援助センター
中央区役所 中央障害福祉相談課 
 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはらA館1階
 TEL:042-769-9806

緑区役所 緑障害福祉相談課 
 〒252-5177 神奈川県相模原市緑区西橋本5-3-21 緑区合同庁舎3階
 TEL:042-775-8811

南区役所 南障害福祉相談課 
 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野6-22-1 南保健福祉センター3階
 TEL:042-701-7715

相模原就労援助センター 
 〒252-0223 神奈川県相模原市中央区松が丘1-23-1
 TEL:042-758-2121

海老名市役所・就労援助センター
海老名市役所 保健福祉部 障がい福祉課 
 〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175-1
 TEL:046-235-4813

県央地域就労援助センター 
 〒243-0401 神奈川県海老名市柏ヶ谷3-5-1 ウエルストーン相模野103
 TEL:046-232-2444

座間市
座間市役所 福祉部 障がい福祉課 
 〒252-8566 神奈川県座間市緑ケ丘一丁目1番1号
 TEL:046-252-7132

厚木市
厚木市役所 福祉部 障がい福祉課 
 〒243-8511 神奈川県厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎1階)
 TEL:046-225-2221

綾瀬市
綾瀬市役所 福祉部 障がい福祉課 
 〒252-1192 神奈川県綾瀬市早川550
 TEL:0467-70-5623

大和市
大和市役所 健康福祉部 障がい福祉課 
 〒242-0004 神奈川県大和市鶴間1-31-7(大和市保健福祉センター5F)
 TEL:046-260-5665

寒川町
寒川町役場 福祉課 障がい福祉担当 
 〒253-0196 神奈川県高座郡寒川町宮山165
 TEL:0467-74-1111

その他
神奈川県障害者職業センター(相模原市南区) 
 〒252-0315 神奈川県相模原市南区桜台13-1
 TEL:042-745-3131

神奈川県精神保健福祉センター(横浜市港南区) 
 〒233-0006 神奈川県横浜市港南区芹が谷2-5-2
 TEL:045‐821‐8822 

※埼玉県、千葉県の窓口は、お住まいの市区町村へお問い合わせください。


料金

ご利用料金は、0円〜約950円/日 程度。
 ※世帯年収やお住まいの市区町村によって 利用料金に対する自己負担額が変わります。

概ね世帯年収300万円以下の方は”自己負担 無料”となり、概ね世帯年収600万円以下の方は9,300円/月の上限となります。
世帯年収や、お住まいの市区町村によって、利用料金に対する自己負担額が変わりますので、お住まいの福祉制度をご確認ください。
ご利用にあたっては、上記の行政手続きが必要となりますので、ご理解ください。

交通費を無料、もしくは一部補助を受ける為の手続き
横浜市では 受給者証が発行されると交通費を負担してくれるなど、お住まいの市区町村によっては交通費の補助(全額もしくは上限有)を受けられる場合がございます。市区町村の福祉の窓口にてご相談ください。


Q&A

Q どうしてリワークや就職支援を無料で利用できるんですか?

A それは福祉の制度 障害者総合支援法の就労支援(就労移行支援)を活用し、精神障害(精神疾患)に特化することで、就職に必要なスキル習得の一部として、リワーク(こころとからだの改善トレーニング)を取り入れているからです。

Q うつ病 精神障害(精神疾患)※ですが、就職(復職)は可能ですか?

A 「はい、可能です」と言いたいところですが、病気を患っている患っていないに関わらず就職は簡単ではありません。ただし、症状の発症を抑えることは可能です。また30歳を超えた方などは障害者手帳の取得によって、通常よりも就職活動が容易になる場合もございます。
※その他の精神障害(精神疾患) 双極性障害、不安障害、パニック障害、大人の 発達障害など

Q 他県でも利用可能でしょうか?

A お住まいの地域によっての利用可否はありません。ただ毎日通勤頂く必要が出てきますので、通勤が難しい距離の方にはおすすめできません。

Q どうしたら利用できるんですか?

サービスご利用の流れを確認ください
まず、お問い合わせ(045-594-8799)ください。ご予約の上、当施設リエンゲージメント横浜の見学を兼ねた利用説明を受けに来てください。その際、次のステップ(お住まいの福祉の窓口相談)をご説明いたします。

Q 本当に再発予防できるんですか?

A はい。ただし、器質的な疾患を伴わない、うつ病中心とする神経症圏の患者様を対象としております。
それ以外の方々も受け入れる場合がございますが、症状のコントロールや社会復帰のためのリハビリとして利用頂きます。

Q 料金で自己負担が発生する場合の支払方法はどうなっていますか?

A 毎月末締め翌末支払とし、請求させて頂きます。支払方法としては銀行振込、もしくは現金にてお願いしております。

Q 交通費を捻出するのも困難です

A はい。そういった方々も、もちろんいらっしゃいます。たとえば 横浜市では、受給者証が発行されると交通費を負担してくれるなど、お住まいの市区町村によっては独自の交通費補助(全額もしくは上限有)がある場合がございます。市区町村の福祉の窓口にてご相談ください。

Q 長期間通うことが出来ないのですぐに就職先を見つけて欲しい

A 大変申し訳ございません、他の就労支援をご利用ください。 私共はしっかり回復、改善をして頂いた方を企業に安心して採用頂けるようプログラムを用意しているため、最低3ヵ月〜最大2年間の利用をお願いしております。
◆リワークではなく、すぐ就職をしたいという方の場合は、こちらをご紹介しています◆

ピュアハート・ワークス

現在、双極性障害の方を専門対象とした、リワークや就労移行支援は存在しないと思われます。

リエンゲージメントでは、双極性障害の方へ有効であるとされる、社会リズム療法を事業開始早々から導入し、双極性障害の方を受け入れ続けております。 双極性障害は、症状コントロールが難しく、自分に合う薬が見つかっても、安定的に働き続けることが難しい障害です。
リエンゲージメントでは、自分自身で病気や症状をコントロールできるようになり、就職だけでなく長期継続就労ができるよう支援しております。
双極性障害の方へ、適切な対応可能なリワーク・就労移行支援の事業者として、これからも双極性障害の方々を支援していきます。


大人の発達障害を専門とする、リワークや就労移行支援も存在しないのではないでしょうか?

リエンゲージメントは、大人の発達障害にも対応しております。
生まれつき発達障害を持っていても、それに気づかず幼少期を過ごし、発達障害でない方とは違った観点(世界の見え方、感じ方が違う)で物事を捉え、独自(自分なりのノウハウ)の行動様式を作りあげることで特に問題なく過ごしてこれた方は多くいます。
しかし、社会に出てから何故かうまくいかない、生きづらいといった経験を重ね、うつ病や双極性障害、パーソナリティー障害(人格障害)を2次障害、3次障害として発症されてしまうという方も増えています。
こういった多重化してしまった障害を対応できる、リワークや就労移行支援は、存在していないのではないでしょうか?
そんな中、リエンゲージメントは、多層化された障害を一つ一つ紐解き、大人の発達障害の方を社会復帰へ導く事ができる、数少ないリワーク、就労移行支援事業所となっています。









リエンゲージメントとは 利用をご検討の方へ プログラム内容 就職までのプロセス 会社概要


一般社団法人リエンゲージメント/リワーク、就労移行支援
Copyright (C) Reengagement All Rights Reserved.

HOME お問い合わせ ニュース 企業人事のご担当者様へ 採用情報 プライバシーポリシー